マンスリーマンションならば節約が可能

1年限定なら賃貸住宅よりも割安

マンスリーマンションには敷金や礼金、仲介料が不要だということはもはや一般常識と言っても過言ではありません。 普通の賃貸物件には、オーナーに支払う敷金や礼金が家賃2か月分に相当する場合が一般的ですし、不動産会社にも仲介料を支払わなければなりません。これらの初期費用を支払う必要がないということは、1年以内の期間で賃貸物件に住むよりもマンスリーマンションを選ぶほうが断然お得になりますので、サラリーマンの単身赴任や、大学生の期間限定の下宿先としても有効に活用することができます。 また、家具や家電を準備する必要がなく、引っ越しにかかる費用も節約できるという点でも大きなメリットがありますので、短期間での住まいを探すならマンスリーマンションが割安だと言えるでしょう。

1日利用で旅行時のホテル代わりに

マンスリーマンションやウィークリーマンションの中には1日だけ利用する場合でも契約できるサービスもあります。東京や大阪、名古屋などの都市部のホテルは宿泊料金が高く設定されていることが多く、特に行楽シーズンや連休の価格設定は高額になります。 しかし、ワンデー利用ができるマンスリーマンションは基本的な料金設定となっていますので、休日でも平時と同じ料金で利用することが可能です。しかも2人以上で宿泊したい場合は、ホテルと同じように利用することが可能ですので、都市部でも2人で一泊1万円を切る値段で利用できるケースもあります。また、年末年始には、利用者が減少する傾向にありますので、宿泊利用で使えるキャンペーンを行っている場合もありますよ。